内視鏡検査

内視鏡検査


上部内視鏡検査(胃カメラ)

胃カメラ検査について

胃カメラ検査について

経鼻内視鏡、経口内視鏡どちらも施行可能です。

当院の院長、副院長ともに、日本消化器内視鏡学会専門医、指導医の資格を有しており、内視鏡経験も豊富です。楽に内視鏡をお受けいただくことが可能です。


苦痛の少ない胃カメラについて

胃カメラは、辛くて苦しいと感じられた方がおられると思いますが、当院では、苦痛の少ない胃カメラを受けていただくため、2つの方法から選択することができます。

  • 麻酔法で、半分眠りながら行う胃カメラ
  • 経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)

半分眠りながら行う胃カメラ

少量の鎮静剤を注射し、胃カメラを受けて頂きます。ほとんどの患者様は眠っている間に検査を受けることができます。検査に対する不安の強い方にお勧め致します。検査終了後は1時間ほど、ベッドで休んで頂きます。


経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)

細い内視鏡を、鼻から入れます。嘔吐反射をほとんど誘発しないために苦痛もあまりなく検査が受けられます。また、検査中に話をすることも可能です。当院では、最新型の直径5.5mm(先端5.0mm)の内視鏡を導入しました。
検査当日あまり時間の無い方や、ご高齢で薬の副作用が心配な方にお勧め致します。
ただし、鼻出血など損傷をきたすことがあるため、鼻の疾患のある方はできません。


費用の目安

  1割負担 3割負担
胃内視鏡(観察のみ) \2,000前後 \6,000前後
胃内視鏡+病理組織検査 \3,000~4,000前後 \9,000~12,000前後

大腸内視鏡検査


大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査について

前処置の下剤を内服し、大腸がきれいになった後、内視鏡を肛門から挿入して検査を行います。大腸のポリープ、癌、炎症の診断を行います。
近年、食生活の欧米化により、大腸癌が増えています。
大腸癌は腫瘍性の大腸ポリープから発生します。
大腸ポリープのうちに内視鏡で治療してしまえば大腸癌が予防できます。積極的に大腸内視鏡を受ける事により大腸癌を早期発見しましょう。


苦痛の少ない大腸カメラについて

当院では、内視鏡の際、鎮静剤、鎮痛剤を注射いたします。患者様は眠ったような状態で、苦痛もあまりなく検査を受けられます。送気システムも炭酸ガスの使用により、検査後のお腹の張りが、ほとんどありません。

女性の患者様へ

女医の大腸、肛門外来 経験豊富な女医が肛門、大腸内視鏡検索を行います。
女医ご希望の場合はお問い合わせ下さい。

大腸ポリープ切除「日帰り手術」

大腸ポリープは形態・大きさによっては日帰り手術で対応が可能です。


費用について

保険3割負担の方の費用の目安は次の通りです。
1割負担の方は約1/3とお考えください。

大腸内視鏡
内訳 3割負担 1割負担
診察料・血液検査・使用薬剤料他 約2,300円-4,800円 1割負担の方は約1/3になります。
大腸内視鏡 約4,700円
病理組織検査(1臓器につき) 約4,000円

病理組織検査の有無により、費用に差がでますが、3割負担の方で約9,000円-20,000円の範囲とお考えください。


大腸ポリープ切除術
内訳 3割負担
診察料・血液検査・使用薬剤料他 約2,300円-4,800円
大腸ポリープ切除「2cm未満の場合」 約15,000円
大腸ポリープ切除「2cm以上の場合」 約21,000円
病理組織検査(1臓器につき) 約4,000円

ポリープの数や大きさで、費用に差がでますが、3割負担の方で約17,000円-30,000円の範囲とお考えください。

医院概要

つくし座クリニック 月・火・水・金:09:00~12:00/15:00~18:00 土:09:00~13:00 千葉県四街道市 つくし座2-2-3 TEL 043-421-0255

Access map


ページのトップへ